LSEPAの独自評価は、基礎評価や職業能力評価では評価できない項目を評価するためのものです。

独自評価は10種類の評価を登録することができます。

たとえば、年功序列型評価を行う場合、年齢という評価項目を設定し、さらに年齢による区分けと点数を設定することで、評価を行うことができます。

たとえば、60歳以上は10点、55歳以上~60歳未満は7点・・・などです。

evalorg_age

評価で使用した項目は、報酬分配にも利用されます。

 

ここで、成果主義を導入されている会社の場合、年齢による評価ではなく、売上達成率や粗利率などでの評価に重きをおく場合もあると思います。

そういった場合、売上達成率や粗利率の項目を設定して利用することもできます。

evalorg_sales

評価の項目は自由に設定できますので、年齢による評価と成果による評価を併用する使い方もできます。